在宅介護の問題点。医療や介護の知識を持っていない方がほとんど。在宅介護を嫌煙する方も多い。もっと在宅介護についての知識が深まる機会があればいいのに。

高齢者の場合、病気にかかった事によって身体に障害が残ったり、入院生活をした事によってADLが低下してしまって、
入院前の生活に戻る事が難しくなってしまう方が多いんですよね。
そうすると、一人では生活する事ができないので、在宅介護が必要になってきます。
患者さんが退院する時には、その点を家族に説明するんですが、在宅看護は無理だから施設にいれてほしい、
と言う家族が沢山いるんです。
確かに、家事や育児を抱えている家族にとっては、在宅介護は大変だと思います。
でも、多くの方は、在宅介護とはどういうものなのかを理解しないで、ただ大変だと決めつけているんですよね。
もちろん、一般の方は介護や看護に対する知識がありませんから、とても気が重い事だと思うんですよ。

 

でも、家族が全てを負担しなくてはいけない、という事ではないんですよね。
介護サービスにはいろいろあって、訪問介護や訪問入浴、デイサービス、ショートステイなどを受ける事もできるんです。
そのようなサービスを利用する事で、家族にかかる負担を減らす事ができるんですよ。
それに、ケアマネがついていますから、困った事や不安な事を何でも相談する事ができるんです。
でも、まだまだ浸透していないんですよね。
誰でもそうだと思うんですが、知らないと言う事は、不安に?がってしまって、嫌煙してしまいがちです。
でも、そのような方が在宅介護に対する知識を持てば、安心して在宅介護をする事ができると思うんです。
患者さんにしてみても、施設に入所するよりも、自宅で家族に囲まれながら過ごすのが一番いいですよね。
在宅介護についての知識を得る事が出来る場があれば、改善できると思いませんか?
そのような場を作る事で、一般の方も知識を深める事ができると思いますよね。